So-net無料ブログ作成

テクノエイド協会 アドバイス支援事業に採択されました [お知らせ]

公益財団法人テクノエイド協会の「平成28年度 福祉用具・介護ロボット実化支援事業」(専門職によるアドバイス支援)に
介護用品のうさぎ屋が採択されました。(案件番号:28-B02)
前回(平成26年度)は「快適・介護インナー 白寿」が採択されましたが、今回は「白寿」の更なる品質向上の為
面ファスナー部分に帝人(株)開発の新素材、「ファスナーノ[レジスタードトレードマーク]」を使用した試作品を製作、介護現場にて実際に使用して頂き、従来の白寿との比較・検討を行いました。


28sien1.JPG
去る2月21日、試行結果を伺う為、協力施設である滋賀県長浜市・特別養護老人ホームけやきの杜様を訪問しました。
写真は、車窓から撮影した伊吹山です。当日は雪が降ったり止んだりの天気でしたので、あまり鮮明ではありませんが…


28sien2.jpg
けやきの杜のスタッフの皆様に、アンケートの回収やヒアリングにご協力頂きました。

今回試用して頂いた「ファスナーノ[レジスタードトレードマーク]」は柔らかく適度な伸縮性があり、開閉時にほとんど力を必要とせず、
面ファスナー特有のバリバリ音もしない新素材で、これらの特徴と「白寿」のデザインは介護現場にも好評でした。

しかしながら試作品・ファスナーノ[レジスタードトレードマーク]白寿については、接着力が足りない・洗濯後に接着力が弱まる等の問題点も分かり
残念ながら、新素材による商品化には課題の残る結果となりました。


今後も「着る人にやさしく、介護にもやさしい」をモットーに、より良い商品になるよう努力してきたいと思います。
テクノエイド協会の皆様、けやきの杜スタッフの皆様、帝人(株)様、誠にありがとうございました。